045-822-0118

〒330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎5-16-1

診療時間 午前9:00~13:00 午後14:30~18:00 休診日:木曜、日曜、祝日

浦和区上木崎にある関口歯科医院です。一般歯科、小児歯科。虫歯予防、歯周病予防、歯列矯正などのご相談を承ります。

成人矯正

MRC矯正ってなに?
成人矯正について

矯正治療(成人)について

 当医院では成人の矯正治療を行っております。昔からのスタンダードな治療方法を肯定しつつ、新しい材料を導入し、患者さんに合わせてミックスして治療を進めていきます。

  • 昔よりも痛みが少なくなったブラケット
  • 昔よりも早く歯が移動しやすいメカニクスと新しい素材のワイヤー
 

 また、当医院ではなるべく歯を抜かずに矯正治療を行います。昔は、歯並びは遺伝だといわれ、「歯が大きい」「顎が小さい」という事でスペースが足りないから抜歯しましょう、という考えがスタンダードでした。私も子供のころ、健康な歯を4本も抜歯して4~5年かけてブラケット矯正治療を行いました。大学卒業後いろいろな先生に師事し勉強を重ねた結果、多くの場合抜歯せずに治療可能で、その方が良いという結論になりました。
 長年世界中の原住民の歯を調査したプライス博士の論文にあるように、文明の入っていない原住民は歯並びが良く、文明が入ってしまった原住民は歯並びが悪く、虫歯や歯周病だらけです。その結果からも、抜いて良い歯などなく、すべての歯は生えるべくして生えてくるのだと考えております。(ただし、親知らずは矯正治療の妨げになるため抜歯することが多いです。)

 当医院で行う矯正治療の目的は、「機能改善」です。(もちろん見た目の改善も行います。)歯並び・かみ合わせが望ましくない方は、それに伴いいろいろな問題が起きてきます。虫歯や歯周病も、かみ合わせが悪いことでも引き起こされると近年いわれるようになりました。また、2016年の矯正歯科学会で発表された論文によれば、8020達成者(80歳で20本以上歯を保っている人)のかみ合わせで、反対咬合の人と開咬の人はいないという事でした。逆に言えば、反対咬合や開咬の人はかみ合わせの影響により、虫歯か歯周病で歯を失いやすい、という事です。このことからも、一生自分の歯で咬める状態にするには歯並びとかみ合わせが深く関わっていることが証明されているといえます。

不正咬合の種類

歯並びや噛み合わせが悪いことを不正咬合と言います。

  • 【叢生】
    歯並びがでこぼしている状態のことです。「乱ぐい歯」「八重歯」とも言われています。

  • 【上顎前突】
    上顎の前歯が、通常よりも前に出すぎている状態のことです。
    いわゆる「出っ歯」のことです。

  • 【下顎前突(反対咬合)】
    下顎の歯が、上顎の歯よりも前に出ている状態のことです。
    いわゆる「受け口」のことです。

  • 【過蓋咬合】
    上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態のことです。

  • 【空隙歯列弓】
    歯と歯の間に隙間がある状態のことです。いわゆる「すきっ歯」のことです。

  • 【開咬】
    歯を噛み合わせた時、前歯が噛みあわずに隙間ができる状態のことです。

Page Top